心理カウンセリング - Heartful Counseling Joy ~もっと素敵な自分に会える~
RSS フォローする ファンになる

最新記事

気づきのワークショップ
気づきのワークショップ
代理ミュンヒハウゼン症候群
思考の世界
自由〜古代メキシコシャーマンのことばから〜

カテゴリー

アダルトチルドレン
カウンセリング(セッション)
ご報告 & ご案内
セルフカウンセリング
心理学・心理療法
心理学からのヒント
日々・・・
自己実現へ
検索エンジンの供給元:

Hitorigoto

来談者中心療法

来談者中心療法
 
クライアント自身が自分の問題を乗り越えていく援助の方法・理論
 
【提唱者】
アメリカの心理学者カール・ロジャーズ(1902-1987)のよって提唱された心理療法。
 
【この理論を理解】
提唱したカール・ロジャーズ自身を理解することの有意性
 
~自伝より~ 
ロジャーズの人間性
▶科学者的側面と情緒的側面を兼ね備えている
 
ロジャーズの理論とその方法は許容性・受容性を強調しているので、ロジャーズ自身も穏やかな人物だと思いがち。確かに彼は感受性が強く・受容的な人物。しかし一方で、必要ならば、激しく自己主張したり・冷静・正確・リサーチといった客観的、科学者的側面も真実である。
 
【来談者中心療法の定義】
~CLの自己実現傾向の発揮~
援助する人が真実さ・配慮・および深く感受性豊かで、決して評価・強制しない理解をし、お互いに伝え合っていけるような人間関係の中では、どんな“個人”も成長するその人が持つ潜在能力が発揮される(実現傾向)
 
※CL;クライアント CO,Co;カウンセラー とする。
問題を抱えているのも・その原因を体験したのもCLだけ(CLの人生はCLのもの)。だからこそ、Coが賢明さや知識を振り回したり、押し付けたりしなくても、CL自身がどのように感じ、どのように生きているのかを、望ましい形で取り組んでいけるように援助しさえすれば、CLは成長してゆける。
 
【心理Coの役割】
Clの心の動き(=内的動向)を理解し・共に分かち合い信頼関係を築くこと。理解に基づいた信頼関係こそが人間の成長の原動力。
 
【傾聴】
“個人”=Clの内的動向(心の動き)を分かち合う(理解)為の方法
 
【人間観】
『良くなる力人間には内在している』と言う人間観
 ※人間=有機体=(自己)実現傾向を持つ生き物
▶実現傾向をもともと生まれながらに持っている
 
【実現傾向】
人が生まれながらにして持っている潜在的な能力や自分らしさを発揮していこうとする傾向。未熟→成熟・他律→自律・依存→独立(建設的な方向へ向かおうとする傾向)。
 
【来談者中心療法の目的】
CL自身が自らの実現傾向を発揮できる。
 
【治療的パーソナリティーCoの3つの態度条件)】
Coが以下の3つの態度を発揮し、CLに関われば、CLは自己を見つめ・考え・問題を自らの力で乗り越えてゆける。
 
『自己一致』
CO自身の考え方・感じ方を、CLの考え方・感じ方ときちんと区別出来る為にもしっかり把握している。自分が知っている自分の姿(自己概念)と、他の人から見えている自身の姿(他者概念)が一致している。(COの純粋性)
 
『無条件の受容』
COがCLの経験を一切評価せず、暖かく無条件に受け入れている態度。CLの行為を受容するのではなく、CL自身の存在価値そのものを無条件に受容する心理CO自身の心の中の姿勢。
 
『共感的理解』
CLの枠組みを受容し理解するが、同一化(同情・同調)しない姿勢。CLの私的な世界をあたかも自分自身のものであるかの様に感じ取り、しかもこの“あたかも~のように”(as~if)という性質を失わないこと。
 
【考察】
I LOVE YOU,BECOUSE YOU ARE YOU. 
 
『共感的理解』は、COが『自己一致』『無条件の受容』を出来てこそ、初めて得られるCLとの一体感だと言えるかもしれない。
 
《参考文献》
H・カーシェンバウム/V・L・ヘンダ―ソン編 伊藤博/村上正治 監訳(2001) ロジャーズ選集
   (上・下) 誠信書房
ブライアン・ソーン著 川崎洋一他訳 諸富祥彦監訳(2003) カール・ロジャーズ コスモス・ライ
   ブラリー
諸富祥彦(1997) カール・ロジャーズ入門 自分が“自分”になると言うこと コスモス・ライブラ
   リー
※順不同
 
~もっと素敵な自分に会える~
閲覧にはFlash Playerが必要です。

来談者中心療法に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment