心理カウンセリング - Heartful Counseling Joy ~もっと素敵な自分に会える~
RSS フォローする ファンになる

最新記事

気づきのワークショップ
気づきのワークショップ
代理ミュンヒハウゼン症候群
思考の世界
自由〜古代メキシコシャーマンのことばから〜

カテゴリー

アダルトチルドレン
カウンセリング(セッション)
ご報告 & ご案内
セルフカウンセリング
心理学・心理療法
心理学からのヒント
日々・・・
自己実現へ
検索エンジンの供給元:

Hitorigoto

認知行動療法

認知行動療法
 
 
行動療法;人が何らかの行動を起こすのは、親のモデリングや、学んできた学習課程がある。そこから、再び望ましい行動にするためにも、望ましい行動パターンを意図的に学習していけば、問題行動はなくなると考えた。
 
                    ⇓ ⇓ ⇓
【認知行動療法】
 
人が何らかの問題行動を起こしているのには、意味があり、目的や思い込み・信念(認知)などが原因している。そこから、望ましい行動変容のためには、単に行動を変えるだけでなく、その行動のもとになっている、認知(思い込み・信念)を変えていくことが必要であると考えた。
 
認知』というものが人間の行動や、心を導く重要な要素となる。つまり感情や行動というものは、人がどのような『認知』を持っているかによる。
人間にはそれぞれ、〈独自の解釈;認知のフィルター〉を持っており、
それが歪んでいると、不安を感じたり、うつ的になったりする。
この『認知プロセス』を変えることにより、問題行動も変容していくのが
『認知行動療法』
 
 
【認知行動療法の実際(一例)】
 
『共同経験主義』・・・クライアントとセラピストの共同作業。
 
▶具体的な内容 
 
①認知的介入
   
   ・治療の論理的根拠を示すこと(説明)
   ・否定的自動思考の発見と、その問題点を見出す。
   ・その思考の歪みの根底にある非適応信念や仮説を発見し修正する。
 
※そのためには、CLの日常生活の細かいチェックが必要であり、その為に特に『宿題』を果たすことが重要である。
      
②行動療法的介入
                   
   ・活動スケジュールの作成
   ・達成感と快感の評価
   ・段階的課題作成
   ・ロールプレイ 
 
 
【セッションの実際(一例)】
 
▶セッション
 
   ・週に1度か2度の面接。         
   ・およそ15回から25回くらい。   
   ・他の心理療法に比べて構造化され指示的
   ・問題の焦点は現在の適応の能力
 
▶療法の本質
 
   ・クライアントの「認知の歪み」の修正に向けられる
 
▶修正の治療対象
 
   ・『否定的自動思考』  
     ⇒CLの施行に熟考なく飛び込んでくる“習慣的思考”
     ⇒当然知らぬ間に“否定的感情”をもたらし、うつ的気分にさせる。 
 《無意識・衝動的な思考》
 
否定的自動思考の元にあるもの
 
幼児期から次第に形成される、スキーマ(Schema)・仮説・信念などと呼ばれるもの。これらも治療の対象になったり、予防の対象になったりする。
                                             
▶有効な治療の対象・症状
 
主に『うつ病』や、パニック障害・不安障害といった従来の『神経症性障害(神経症)』や『強迫性障害(強迫神経症)』、または『身体表現性障害(心身症)』にも適応しており、さらに『統合失調症』や『人格障害』にまでその範囲が広がりつつあると言われている。
 
 
【『否定的自動思考』を生む、個人の中の6つの思考パータン】
 
1 選択的な抽出
 
特定な情報のみを過大視して、全体の状況把握を失ってしまうこと。  
             《情報選択が偏ってしまう》
 
※何か良くないことにこだわってくよくよ考え、他のことはすべて無視してしまい、現実を見る目が暗くなってしまう。ちょうど一滴のインクがコップ全体の水を黒くしてしまったり、サングラスをかけると、景色全体が色味がかってしまうので、「心のサングラス」ともいう
 
2 独裁的推論   
矛盾する証拠があるにもかかわらず、それを無視して、ある一定の結論にいっきに到達してしまう。
《結論の飛躍》
※根拠もないのに、悲劇的な結論を出してしまう。 
 
3 過剰な一般化 
ある出来事をもとに、不合理なほどに一般化して物を考える。
《一般化のしすぎ》
 
※一つ良くない出来事があると、「いつも決まってこうだ」と、世の中すべてが
そうであると考える。
 
4 誇大視・過小視
一つのことを課題に評価して考えることと、これとは逆に、実際より極端に低く評価すること。
《過小評価・拡大解釈》 
 
※自分の短所や失敗を過大に考え、逆に長所や成功したことを過小評価する。 
  
5 自己関連付け
わずかな情報から、そのことが自分のことと関係があると思い込む。
《個人化》
 
※何か良くないことが起こったとき、自分に責任がないような場合や、根拠や
理由がなくても、自分のせいにしてしまう。
 
 
6 絶対的2分化法思考
すべて白か黒かといった相互排除的カテゴリーで判断する傾向。
《全か無か思考》
 
※物事を白か黒かのどちらかで考える思考法。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【考察】
私たちは、生まれてから大人になるまで、自分以外の存在、環境の中で生き抜いてゆく為に様々な“調整やチャレンジ”をしてきたと考えた時、生き抜くために身につけてきた色々な考え方、感じ方、行動のパターンは、100人いれば100通りあるのかもしれません。
そのパターンが、『今-ここ』からの人生にもう必要のないものであれば、勇気を持って変えるチャレンジは、意味のあることではないでしょうか。
過去と他人は直接的には変えられないとしても、自分とその未来は『今-ここ』からいつでも変えられるチャンスに満ちています。
 
その一歩を、その選択を応援しています・・・。
 
≪参考文献≫
松下正明総編集(1999) 臨床精神医学講座 第15巻 精神療法 中山書店 p273-285 
氏原 寛 他編集(2004) 心理臨床大事典 改訂版 培風館 p374-378 
 
~もっと素敵な自分に会える~ 
閲覧にはFlash Playerが必要です。
 

認知行動療法に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment