心理カウンセリング - Heartful Counseling Joy ~もっと素敵な自分に会える~
RSS フォローする ファンになる

最新記事

気づきのワークショップ
気づきのワークショップ
代理ミュンヒハウゼン症候群
思考の世界
自由〜古代メキシコシャーマンのことばから〜

カテゴリー

アダルトチルドレン
カウンセリング(セッション)
ご報告 & ご案内
セルフカウンセリング
心理学・心理療法
心理学からのヒント
日々・・・
自己実現へ
検索エンジンの供給元:

Hitorigoto

深い悲しみ(グリーフ)を体験して ~喪失体験を通して~

深い悲しみ(グリーフ)を体験して 
~喪失体験を通して~
 
 
深い悲しみを感じるような体験をすると、
様々なことが身の回りに起こることがあります。
 
こころへの影響
 
強いショックや否認、怒り、落ち込みなどが見られたり、体験を通して人生観が変わったり、否定的な物事の考え方や、感じ方・・例えば、抑うつ感情・無力感・罪悪感などを抱きやすく、情緒が不安的になる時期もあります。
 
 
からだへの影響
 
深い悲しみを体験すると、その後もしばらくは強い不安を感じ続けることがあるため、その影響が身体にも表れてくることがあります。例えば、不眠や食欲不振、動機、発汗、身体の痛み、原因不明の発熱など・・です。
 
人間関係(社会面)
 
体験したことにより、誰とも会いたくなくなったり、周りの態度が変わったりすることによって、人間関係も今まで通りではなくなることもあります。
 
 
こういった『シグナル~サイン~』に当人や周囲の人々が気付くことが、適切な対処に結びつきます。
 
それぞれの反応は、誰もが体験する可能性のあるものです。それ自体はとても自然なことです。しかし、その対処の方法如何によっては、悲しみを長引かせてしまうことにもなりかねません。
 
自分自身や周りの人々も、理解を持って、自分自身にそして相手に接することで、気づきを増してゆきましょう。
 
自分や相手を理解する・気付くことは、自分や相手を愛することに繋がります。
 
その一歩を応援しています・・・。
 
 
~もっと素敵な自分に会える~
Heartful Counseling Joy
 
≪参考文献≫
  ・飛鳥井 望監修(2007) PTSDとトラウマの全てがわかる本 健康ライブラリー イラスト版
      講談社

深い悲しみ(グリーフ)を体験して ~喪失体験を通して~に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment