心理カウンセリング - Heartful Counseling Joy ~もっと素敵な自分に会える~
RSS フォローする ファンになる

最新記事

気づきのワークショップ
気づきのワークショップ
代理ミュンヒハウゼン症候群
思考の世界
自由〜古代メキシコシャーマンのことばから〜

カテゴリー

アダルトチルドレン
カウンセリング(セッション)
ご報告 & ご案内
セルフカウンセリング
心理学・心理療法
心理学からのヒント
日々・・・
自己実現へ
検索エンジンの供給元:

Hitorigoto

被災者方々への支援へ向けて

被災者方々への支援へ向けて
 
 
このゴールデンウィークでもたくさんのボランティアの方々が被災地へ向けて出発し、活動を続けていらっしゃることと思います。
 
その “思い” と “方々を” 応援する気持ちで、「参考になれば・・・」と考え、援助する側の以下の視点について、参考文献*を元にあげてみました。
 
 
■被災者の方々へどんな援助が必要なのか?
 
1)トラウマの体験の確認
 
 □今回の災害で、ご自身が命にかかわる様なとても危険な目に遭遇した。
 □今回の災害で、家族や親しい人が亡くなられた。
 □今回の災害以外にも、トラウマ体験がある。
 
  ※ 『話してもらうこと=全てOK』ではありません。
 
      ・話しし過ぎることで、トラウマが強化され、かえってしんどくなるケースもある。
      ・話すタイミングも、量も、個人差があるもの。
      ・誰のために、話してもらいたいのか?
      (聴いている自分の為なのか?本当に相手の為なのか?)   等など・・。
 
     ⇒を十分吟味し、専門家にきちんとした対応をしてもらう(橋渡し)
 
2)生活環境
 
 □孤立している。
 □家族の中に、介護の必要な方々がいらっしゃる。
 □気にかけてくれたり、世話をしてくれる人がいない。
 
3)対人関係
 
 □話を出来る、する相手がいない。
 □言語的に意思の疎通が困難(外国の方・障がいをお持ちの方など)
 
4)サポート体制
 
 □サポートしてくれる方々やシステムが存在していない、もしくは機能してい
  ない。
 
5)身体的な症状
 
 □身体疾患がある。
 □必要があるが、通院出来ていない。
 □身体・精神・知的な領域で、何らかの障がいがみられる。
 □身体・精神・知的な領域で、何らかの障がいが見られるが、認定を受けて
  いない。
 □頻繁にアルコールの飲酒がみられる。
 □年齢的に、ケアが必要な可能性がある(65歳以上~・80歳以上~等)
 
 
◎チェックが付いた項目が多いほど、心理的な負担が多く、支援が必要になる可能性が高くなると考えられます。
 
 
その援助には、専門家の力が必要です。自分自身の為にも、そして本当に相手を援助するためにも、出来ないことを無理にしようとしないことが大切です。一人ではありませんよね・・・。
 
そして、自分自身のケアも忘れず行うように心がけて下さい。
 
 
その中で、被災地の方々のそれぞれの思いと・・・、
支援される方々の思いが、開く”ことを、心より応援致しております。
 
 
≪参考文献&抜粋*≫
    ・金吉晴(2006) 心的トラウマの理解とケア,P95 第2版 じほう発行
 
Heartful Counseling Joy
~もっと素敵な自分に会える~
 
閲覧にはFlash Playerが必要です。

被災者方々への支援へ向けてに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment