心理カウンセリング - Heartful Counseling Joy ~もっと素敵な自分に会える~
RSS フォローする ファンになる

最新記事

気づきのワークショップ
気づきのワークショップ
代理ミュンヒハウゼン症候群
思考の世界
自由〜古代メキシコシャーマンのことばから〜

カテゴリー

アダルトチルドレン
カウンセリング(セッション)
ご報告 & ご案内
セルフカウンセリング
心理学・心理療法
心理学からのヒント
日々・・・
自己実現へ
検索エンジンの供給元:

Hitorigoto

さみしさ・・・。

さみしさ・・・
 
 
私たちは、一人で生まれ、一人で命を全うする中で、
 
さみしさを感じるのは、
 
ある意味当然のことで、
 
誰もが、多かれ少なかれ・・
 
その時々に・・
 
抱えて生きてゆくのかもしれません。
 
 
そして、その “ さみしさ ” には、
 
『子どものさみしさ』 と 『大人のさみしさ』 があるそうです。
 
 
『子どものさみしさ』
 
 地団駄踏むような・・さみしさ
 
赤ちゃんが、お母さんがいなくなると、
 
全身で泣き叫び訴えるような・・・
 
命にすら関わるかのように感じる・・・
 
さみしさです。
 
 
『大人のさみしさ』
 
 一人・・秋の夜長で虫の声に聴きいる時の・・さみしさ
 
それは、情緒深く感じ入る様なもので・・
 
絵画や詩、小説、音楽など・・の
 
芸術を生み出す源にある様な・・
 
さみしさです。
 
 
大人になれば、『大人のさみしさ』と感じつつ、
 
そこに情緒的な豊かさを育み、
 
そのさみしさを、
 
どこか、楽しむことが出来るようになるのかもしれません・・・。
 
 
しかし、『子どものさみしさ』は一大事です。
 
大人になっても、これを感じれば、
 
子どもの様に、居ても立ってもいられなくなるかもしれません。
 
それは、強力な “ 見捨てられ不安 ” を伴うものです。
 
 
後者であれば、
 
放っておくことは、
 
泣いている赤ちゃんを、放置することと
 
同じことかもしれないのです。
 
 
泣き続けている赤ちゃんを放れば、
 
更に泣き続けるでしょう・・・。
 
それでも、放っておけば、
 
泣くのを諦めるでしょう・・・。
 
 
そして、
 
泣くのを諦めると言うことは・・・
 
命にかかわる・・・
 
かもしれないのです。
 
 
あなたの中の 『 子どものさみしさ 』 ・・・如何ですか。
 
叫び続けていませんか?
 
 
こころの声を聴かせて下さい。
 
必要であれば
 
その声を聴いてくれる安全な人に、
 
信頼できる人に、出会えることを・・・
 
心から願っています。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【感謝】
 
この気づきを下さった、斎藤学先生に感謝します。
-2011年5月14日15日 2日間のPIASセミナーを通して-
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
Heartful Counseling Joy
~もっと素敵な自分に会える~

さみしさ・・・。に対する4件のコメント:

コメントRSS
ヤスコ on 2011年5月16日 21:13
まさしく私には見捨てられ不安があります。夫、娘がいますが、迷惑かけすぎるといつか『お手上げ!!』と言われて、最悪離婚などと言われたら、職もなく精神疾患がある私なので、絶対に娘をとられる…。とまで考えてしまいます。不安障害なので、先読み不安も強く必要以上に先々まで考えて不安になります。 結婚3年目でもちろん夫婦仲も悪くはないし、うまくいっている方だと思うんですが、どうしても不安が拭いきれません。 1人になるとこんなことばかり考えてしまうので、1人の時間がとても苦手です。1人の時は何もかも忘れて寝てしまいたい…と思うけど起きたらまた同じグルグル思考にはまってしまいます。誰かと繋がっていなければ不安でたまらなくなります。急に悲しくて寂しくなって、泣いて1日過ごすこともあります。これが苦痛でたまりません。
コメントに応答する


HCJ Sachiyo Shibuya on 2011年5月20日 13:43
ヤスコさん、こんにちは。 ツイッターでもコメントありがとうございます。 今日は如何お過ごしですか? 『苦痛でたまらない』・・それは、しんどいですね・・・。 よく今までやってこられました・・・。 ヤスコさんは、ご自身の『見捨てられ不安』と『先読みの不安』にも気付いていらっしゃり、そして、上手くいっている現状に目をやっても、どうしても不安が拭いきれないでいらっしゃるのですね・・・。 そう訴えて、ご自身をケアしようとなさっているヤスコさんは、もう一歩・・自律へ向けて歩まれているのかもしれません。 ただ、その不安はとても大きなもののようにも感じます。私たち自身を取り巻く環境は、時に自分自身を映し出す鏡でもあると言われています。上手くいっていると思われる現状は、ヤスコさん自身をを映しているのかもしれません・・。 とは言え、どなたか、信頼できる方と共に、取り組まれていらっしゃるのでしょうか?もうそうでなければ、必要なものに恵まれますことをお祈りしています。 どうぞ、ご自愛下さい。
コメントに応答する
 
ヤスコ on 2011年5月30日 8:10
コメントありがとうございます。心療内科での治療、カウンセリングは7年程前から受けています。当時に比べると、今の方が良くなってきていると感じてはいます。でもまだまだ健康になったとは言えません。幼い頃の叔父からの性的虐待や、その他生育歴が複雑にからんでいるようで、そう簡単には治らないみたいです。ずっと続いている自律神経失調症、うつ症状、パニック症状、強迫観念、感情失禁、自傷、フラッシュバック等々あります。入退院を繰り返し、奇跡的に結婚、出産を経験できましたが、こんな私なので、主婦業もおろか、入れてもらった保育園の送り迎えさえままならず、時々迷惑をかけてしまいます。罪悪感でいっぱいの毎日です。迷惑をかける=見捨てられる、というのはなんとなく自分でも不安になるのはわかるんですが、優しくされる、よくしてもらう=見捨てられるのではないかという不安はよくわかりません。何かのトラウマが関係しているのでしょうか…。


HCJ Sachiyo Shibuya on 2011年7月2日 16:26
ヤスコさん こんにちは。 『見捨てられるという不安』が根底にあれば、優しくされるのもその後を考え、不安に繋がるのはある意味当然かもしれませんね。 是非、ヤスコさんのペースでこれからも、ご自身を愛してあげて下さいね。 心から、ヤスコさんの心と身体のご健康と、ご家族の幸せを願っています。
コメントに応答する

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment