心理カウンセリング - Heartful Counseling Joy ~もっと素敵な自分に会える~
RSS フォローする ファンになる

最新記事

気づきのワークショップ
気づきのワークショップ
代理ミュンヒハウゼン症候群
思考の世界
自由〜古代メキシコシャーマンのことばから〜

カテゴリー

アダルトチルドレン
カウンセリング(セッション)
ご報告 & ご案内
セルフカウンセリング
心理学・心理療法
心理学からのヒント
日々・・・
自己実現へ
検索エンジンの供給元:

Hitorigoto

信頼すること ~傷付いた内なる子供が与える影響~

傷付いたインナーチャイルドが与える影響
 
 
 
信頼問題
 
 
 
養育者や親や周りの大人たちが信頼できないと、
 
世の中は危険で、敵が一杯で、予測がつかないところだと感じ、
 
子供たちは疑い深くなることがあります。
 
 
 
そんな中で子供たちは、
 
自分を守り、害が及ばないように、
 
相手(親や周囲の大人等)の感情や考え、行動をどうにかしなきゃ・・・、
 
つまり、自分がどうにかして “相手を コントロール しなくては・・・”
 
考えてしまうことがあるのです。
 
 
 
そして・・・
 
 
 
「もし私が全てをコントロールするなら、
 
誰も私を邪魔することは出来ないし、
 
傷つけることも出来ない」
 
と思い込むことがあります。
 
 
 
その結果、大人になっても、自分以外の存在をコントロールすることが、
 
ある種の中毒の様に、“せざるをえなく” なってしまいかねないのです。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     例えば
 
      ・管理しきれなくなることが怖くて、ずっと働き続け、人に仕事を任せられず、
       体調を崩してしまう。
      ・相手がやってくれたことを、すべてやり直さないと気が済まない。
      ・自分の思い通りにする為に、暗にものすごいエネルギーを使い、疲れ果て
       てしまう。
      ・相手が思い通りにならない事に、過度にこだわり、身動きが取れなくなる。
      
                                                ・・等
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
この、常に相手や何かを
 
“自分の思い通りに、コントロールしないと・・・” と言う考えや行動は、
 
人間関係に影響を与えます。
 
 
 
どうでしょう・・・。
 
あなたは、 “自分を疑う相手” と、親密になれますか?
 
 
 
親密になりたいと感じる相手とは、
 
常にそうではなくても、
 
お互いが、相手を “ありのまま・・・” 受け入れることが
 
必要な場合があるのではないでしょうか。
 
 
 
相手を信頼することに、困難さを持つ人は時に、
 
他人を信頼するということにおいて極端になりがちです。
 
 
 
例えば、全てのコントロールを放棄して騙されたり、
 
愚直に他人を信用する事にこだわり、
 
自分のエネルギーを過度に使い、次第に自尊心を失っていったり・・・
 
 
 
あるいは、自閉的、孤独にひきこもり、
 
誰も入れないように、自分の周りに防衛の壁を作ったり・・・と。
 
 
 
ある、依存症の専門家は、
 
「人を信用することを学ばなかった人は、
 
激しい感情と親密さ、強迫観念と自愛、
 
コントロールすることと守ることの区別が出来ない」
 
と指摘していたりもします。
 
 
 
人生最初の発達課題は、
 
基本的信頼感の確立だと言われています。
 
 
 
子供たちは、養育者(親)が安全で信頼出来る人だと、
 
体験する必要があります。
 
 
 
もし、子供たちが養育者(親)を信頼することが出来るのなら、
 
世の中の人を信頼することにも繋がり、
 
自分自身を信頼することも、獲得していきます。
 
 
 
自分を信頼するということは、
 
自分のパワー、知覚、判断、感情、欲望などに基づく、
 
自分の思考、感情、行動などを・・
 
信頼することが出来るということにも繋がります。
 
 
 
子供たちは、信頼出来る養育者から、信頼することを学びます。
 
 
 
ただ、これが子供の頃、得られなかったとしても、
 
大人になった『今-ここ』から、
 
自分を信頼することに、エネルギーを向け続ける中で、
 
自分自身を取り戻し・・・
 
目の前の大切な相手を、信頼すること出来るかしれません。
 
 
 
与えてくれなかった、親や養育者、周りの大人たちを責めたり、
 
どうにか、自分の想いを分からせ様と、エネルギーを使うのではなく、
 
そのエネルギーを“自分を愛する為”に、使いませんか・・・。
 
 
 
ただ、これらのことはあくまでも、
 
発達心理学の理論などを用いた知識や考え方で、
 
絶対ではありません。
 
 
 
役に立たないのであれば、ここに置いて行って下さい。
 
ただ、もし何かの役に立つのであれば、
 
試しに、利用してみても、いいかもしれません。
 
 
 
一人で難しければ、
 
信頼出来る専門家や誰かと共に、
 
取り組んでも良いでしょう。
 
 
 
一人でやることだけが自律でなく・・・
 
自分の為に、必要な助けを借りることも自律だと、考えています。
 
 
 
あなたの一歩を・・・、応援しています。
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2012年7月14・15日 
神戸にて
『アダルトチルドレンと共依存』
のセミナーを開催します! 
 
講師 : 水澤都加佐先生
料金 : 21000円/2日間 
時間 : 9:30~16:30/2日間 
場所 : 神戸モザイク付近 
申し込み、お問い合わせは☞こちらまで
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪ご紹介☟≫
西尾リプロセス協会 リプロセス・リトリートワークショップhttp://workshop.nishioreprocess.com/  
 
 
Heartful Counseling Joy
もっと素敵な自分に会える

信頼すること ~傷付いた内なる子供が与える影響~に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment