心理カウンセリング - Heartful Counseling Joy ~もっと素敵な自分に会える~
RSS フォローする ファンになる

最新記事

気づきのワークショップ
気づきのワークショップ
代理ミュンヒハウゼン症候群
思考の世界
自由〜古代メキシコシャーマンのことばから〜

カテゴリー

アダルトチルドレン
カウンセリング(セッション)
ご報告 & ご案内
セルフカウンセリング
心理学・心理療法
心理学からのヒント
日々・・・
自己実現へ
検索エンジンの供給元:

Hitorigoto

魔術的な思い込み

【傷ついたインナーチャイルドの影響】
 
 
■魔術的な思い込み
 
子供の考え方は魔術的な部分があります
 
ここで言う『魔術的』とは、
ある言葉、ジェスチャー、行動が、
目の前の現実を変えることが出来ると言う信念です。
 
機能不全の家族の中では、
しばしば子供たちは、魔術的な思い込みを強化してゆきます。
 
「あなたのせいで、お母さんは不幸だわ」
「おかあさんには全てお見通しよ」
「あなたのせいで、家族が大変なのよ」という家族の言葉・・・。
 
目の前のどうしようもない様に見える家族環境を
子供のあなたが
役割を演じたり、何かを手に入れたり、努力しさえすれば、
変えることが出来る・・など・・
 
イメージの世界と共に成長してゆく子供たちにとっては、
魔術的な思い込みをもつのは自然なことです。
 
通常私たちは、大きくなるにつれ、
文字通りの理解をしてしまうことから脱し、
抽象的な意味を把握出来るようになります。
 
しかし、しっかりと擁護されなかった子供たちは、
大人になってもまだ、
その中の抽象的な意味合いを把握する機会を得られぬまま、
文字通りの魔術的な思い込みを持ち続けてしまうことがあります。
 
その魔術的な思い込みが、
大人になっても、その人の信念、価値観の様になって現れます。
 
  •   お金さえあれば生きれる
  •   パートナーに捨てられたら、生きていけない
  •   頭が良ければ、幸せになれる
  •   自分を犠牲にすることで、相手から必要とされる人間となれる
  •   Noといってはいけない
  •  いい子でいれば、皆から受け入れられる
  •  一生懸命頑張っていれば、存在できる 
  •  馬鹿な振り、知らないふりをしていた方が、身のためだ   ・・など・・
 
存在するためには、何かの条件や役割が必要になってしまいます。
 
つまり、私たちのインナーチャイルドが傷ついていると、
ずっと、魔術に掛かったような状態にもなりかねません。
 
その魔術をから解かれることを、
大人になった私たちは、選択できます。
 
HCJは、その一歩を応援しています。
 
 
その一助となるワークショップを神戸で開催します。
 
ぜひ、7/14-15(9:30~16:30)の二日間、
日常とは少し離れて、自分自身の為に時間を使ってみませんか?
 
ご参加をお待ちしています。
 
 
 
 
Heartful Counseling Joy
~もっと素敵な自分に会える~
 
閲覧にはFlash Playerが必要です。

魔術的な思い込みに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment