心理カウンセリング - Heartful Counseling Joy ~もっと素敵な自分に会える~
RSS フォローする ファンになる

最新記事

気づきのワークショップ
気づきのワークショップ
代理ミュンヒハウゼン症候群
思考の世界
自由〜古代メキシコシャーマンのことばから〜

カテゴリー

アダルトチルドレン
カウンセリング(セッション)
ご報告 & ご案内
セルフカウンセリング
心理学・心理療法
心理学からのヒント
日々・・・
自己実現へ
検索エンジンの供給元:

Hitorigoto

からだの声

からだの声
 
 
ある一人の女の子がいました。
 
その子は、小さい頃から胃腸が弱く、
 
中学生の頃、
 
陸上部の大会の度に正露丸を持ち歩き、
 
直前にはトイレに行くと言う、儀式を行わないと、
 
落ち着かない子でした。
 
 
そして、泣く時には声をあげず、
 
のど元や背中や胸で、それを止めるのが癖でした。
 
 
それには、その子なりのもっともな理由がありました。
 
 
彼女は、小さい頃から色々と考え込んでしまう子でした。
 
胃腸は簡単に言うと、ものを消化をし、吸収を助けてくれるところですが、
 
その子は、自分で消化し、吸収できる以上のことをあれこれ考えていました。
 
『ああなったら、どうしよう』『人にダメな子だって思われないかしら』など・・
 
その度に、胃腸は彼女にメッセージを送ってくれていました。
 
「もう、一杯いっぱいだよ。そんなに考えなくていいよ」っと。
 
当時の彼女には・・・
 
『正露丸』が解決法でした。
 
 
声を出さないのは、
 
出すと怒られていたからでした。
 
彼女が泣くと、大人が恥ずかしい思いをするからです。
 
その度に彼女は、声をあげて泣いてはいけないと、自分に約束しました。
 
その割には、泣き虫だったと語る小さい頃の彼女は、
 
泣くことすらも、未完了で、
 
それを完了させたくて、良く泣いていたのかもしれません。
 
 
こんな風に、
 
それらを理解することは、自己理解に役に立ち、
 
自分のアイデンティティの確立を助けてくれるでしょう・・・。
 
 
そして、身体も、それと同じように、
 
その時の記憶が刻まれています。
 
それが、身体の感覚や『筋肉の鎧』として、私たちに現れます。
 
 
常に胃腸を緊張させている人・・・
 
涙をはらはらと声を抑えて流す人・・・
 
常に胸で息を止める人・・・
 
常に肩に重たい責任を背負っている人・・・
 
常に背中にストレスを抱えている人・・・
 
常に歯を食いしばっている人・・・
 
 
その感覚や『筋肉の鎧』は私たちに何とメッセージをくれるでしょう。
 
 
彼女はこう言っていました。
 
本当の自分に出会えたと・・・。
 
 
自分自身の身体の声を聴いた時、
 
頭で考えた以上のGiftを私たちにくれるかもしれません。
 
 
一緒にそのGiftを探してみませんか?
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Heartful Counseling Joy
もっと素敵な自分に会える
 
3月2-3日9:30-16:30
『見捨てられ不安と共依存ワークショップ』 in KOBE
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

からだの声に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment