心理カウンセリング - Heartful Counseling Joy ~もっと素敵な自分に会える~
RSS フォローする ファンになる

最新記事

気づきのワークショップ
気づきのワークショップ
代理ミュンヒハウゼン症候群
思考の世界
自由〜古代メキシコシャーマンのことばから〜

カテゴリー

アダルトチルドレン
カウンセリング(セッション)
ご報告 & ご案内
セルフカウンセリング
心理学・心理療法
心理学からのヒント
日々・・・
自己実現へ
検索エンジンの供給元:

Hitorigoto

発達〜Hitorigoto〜

【発達〜Hitorigoto〜



私たちの脳や神経の発達には、
発達
『安全・安心感・心地よさ』

が関わっていると言われています。



それらを感じる状況で、

私たちの脳や神経は、

最も発達すると指摘されてきました。



特に、新生児期、乳幼児期においては、

自分自身でその状況をつくることが出来ないので、

養育者などの特定の他者の存在が重要になります。



しかし、養育者とのくっつきが、

何らかの理由で剥奪され、

虐待やネグレクト等の安全を感じられない体験をすると、

私たちの脳や神経の発達にも

影響がある可能性が指摘されています。

家族についてのワークショップ

しかし、これらの因果関係は、

未だ、研究の余地がある分野です。



ただ、私たち人間は、

自分以外の人とのアタッチメント、コンタクトが

必要な存在だと言うことは、

明らかなことではないでしょうか・・・



ゲシュタルト療法の提唱者パールズは、彼の著書の中でこの様に述べています。

“人間と言うものは,ほとんどの場合,全く一人で孤立して生きることは出来ない。人間は生きる為に,身体的に他者を必要とするのである。更に言えば心理的に,そして情緒的に,一人で生きることは,なおさら難しい。人間は,生理的に食物や水を必要とするのと同じ様に,心理的にも他者とコンタクトを持つことを必要とする。”

大上律子先生

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大上律子先生による 2Days ワークショップ
〜家族と発達とトラウマ;その回復に向けて〜

【日時】 
2014年7月26−27日


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《参考文献》
Perls,F.S.(1973).The Gestalt Approach & Eye Witness to Therapy.Polo Alto,CA:Science and Behavior Books,Inc.(パールズ,F.S.倉戸ヨシヤ(監訳).日高正宏・井上文彦・倉戸由紀子(訳) (1990).ゲシュタルト療法:その理論と実際.ナカニシヤ出版.)

発達〜Hitorigoto〜に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment