心理カウンセリング - Heartful Counseling Joy ~もっと素敵な自分に会える~
RSS フォローする ファンになる

最新記事

気づきのワークショップ
気づきのワークショップ
代理ミュンヒハウゼン症候群
思考の世界
自由〜古代メキシコシャーマンのことばから〜

カテゴリー

アダルトチルドレン
カウンセリング(セッション)
ご報告 & ご案内
セルフカウンセリング
心理学・心理療法
心理学からのヒント
日々・・・
自己実現へ
検索エンジンの供給元:

Hitorigoto

水澤都加佐先生によります【インタベンション(介入)集中セミナー】in Kobe

【水澤都加佐先生によります
  2015年 3月
  インタベンション(介入) 
      集中セミナー 
   in KOBE】


2日間の詳しい内容について、
ご案内致します。

※この内容は、当日の状況によって変更になる場合もございます。ご了承下さい。

◉日時

日程   2015年3月14日15日 
時間   9:30〜16:30

◉会場

神戸市産業振興センター http://www.kobe-ipc.or.jp/access/

◉講師

水澤都加佐先生

講師として多くのセミナーを担当し、参加者への温かい視線と、共感に満ちたグループワークが魅力。自らカウンセリングを行なうだけでなく、多くの治療・援助者のスーパーバイザーをつとめ、企業や官庁のメンタルヘルスに関するアドバイザーとしても活躍。各地での講演多数。 '05年、横浜にHRI(Healing&Recovery Institute)を開設。 

◉費用

23100円(2日間・お一人当たり)

◉インタベンション(介入)

ここで言う介入とは、問題を否認し助けを拒む人に対し、心を開いて援助を受け入れるよう働きかけること、
また、硬直化した関係に対して、外部から働きかけることです。

これは治療・援助現場はもちろん、教育・司法などの分野でも欠かせない援助技法です。

◎ご家族の立場で介入の方法を学びたい方以外でも、保健分野のスタッフをはじめ、教育・司法・介護などの現場で問題への援助に関わる方々のご参加もお待ちしております。

◎介入技法は、アルコール依存症者を治療に結びつけ、回復過程をフォローしていく中で体系化されたものです。

その手順と考え方は、他の問題にも役立ちます。

第1日目

1.    依存症の病理
2.    なぜ、本人自ら治療や援助を求めないか
3.    介入がなぜ必要か
4.    介入の歴史
5.    イネイブリング、イネイブラー
6.    共依存症者の役割
7.    依存症者との実際のやり取りの場面
 
第2日目

1.    一対一での介入技術
2.    介入の準備
3.    介入のリハーサル
4.    介入に成功した場合
5.    介入に失敗した場合
6.    治療とは、何か
7.    介入場面の体験


◉関連ブログ記事


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後まで目を通して頂き、有り難うございました。

春を前に「(ふゆ)増ゆ・殖ゆ」るこの時期。
心身ともにあたたかくしてお過ごし下さい。

なお、お申し込み後の詳細は、折り返しメールにて御連絡致します。
つきましては、「お問い合わせ」「お申し込み」フォームに必ずメールアドレスをご提示下さい。



※1月19日の時点で定員迄あと10名程になっております。

それでは、この機会を必要だと感じる方々にご参加頂けると幸いです。
お会い出来るのを楽しみにしております。

よろしくお願い致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


主催

Heartful Counseling Joy

代表 渋谷祥代
http://www.therapy-hcj.com/
mail@therapy-hcj.com


水澤都加佐先生によります【インタベンション(介入)集中セミナー】in Kobeに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment