心理カウンセリング - Heartful Counseling Joy ~もっと素敵な自分に会える~
RSS フォローする ファンになる

最新記事

気づきのワークショップ
気づきのワークショップ
代理ミュンヒハウゼン症候群
思考の世界
自由〜古代メキシコシャーマンのことばから〜

カテゴリー

アダルトチルドレン
カウンセリング(セッション)
ご報告 & ご案内
セルフカウンセリング
心理学・心理療法
心理学からのヒント
日々・・・
自己実現へ
検索エンジンの供給元:

Hitorigoto

パーソナル・コンストラクト理論からのHitorigoto・・・

【心のめがね】

Personal Construct Theory(パーソナル・コンストラクト理論)を提唱した臨床心理学者のケリー(Kelly,G.A.)は1955年に、私たちは、同じ事実や環境を前にしても、その『解釈』は『人によって違う』と言う考えを提唱しました。

その考えは、その当時盛んだったS−R理論(刺激ー反応)理論に疑問符を投げかけました。

つまり、私たちの行動には、『Aがあったから(S;刺激)、Bをする(R;反応)』と言うことよりも、その行動をとる背景には、その人なりの『解釈』があり、そのことに意味があると彼は考えたのです。

彼の言う『コンストラクト』とは、簡単に言うと現実を眺める個々の『心のめがね』の様なものをさします。この『心のめがねの構造や内容(コンストラクト)』を知ることが、その人のパーソナリティを理解することに繋がるとしました。


最近では、

情報があまりにもあふれた世界の中で、個々の力で解釈や予測、どうにか物事を統制し様とすることは、私たちの視野を狭め、不自由にしてしまう可能性があり、解釈などの『思考』の世界に重きを置きすぎてしまわずに、『今ここ』を生きることの大切さがclose-upされています。

そして、

誰もが自分を取り巻く環境を解釈し、予測し、統制しようと試みていると言う意味で、ケリーが述べた様に私たち一人一人が『科学者』とも言え、現実に起こる出来事に対して、個々の解釈のあり方とその動向が注目されています。

つまり、

解釈や予測、物事を統制しようとする私たちの『心のめがね』が、
曇っていたら、全てが曇って見えてしまうことにも繋がりかねず、
奇麗に磨かれていれば、視野を明るく広げてくれる可能性に満ちたものにもなるでしょう。


過去の体験は、私たちの『心のめがね』に大きく影響します。

そして、その上で『今ここ』に広がる世界が、

私たちにとってどう写っているのか?
自分以外の人にとってどう写っているのか?

そう意識を向けることは、とても大事なことの様な気がしています・・・


最期迄、お読み頂き有り難うございました。

《参考》
・Kelly, GA (1955) The Psychology of Personal Constructs Volume 1: A Theory of Personality Volume 2: Clinical Diagnosis and Psychotherapy New York, US: Norton
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◉ワークショップのご案内◉

自分の『心のめがね』に気づくきっかけにもなるかもしれません。
ぜひ、この機会をご活用下さい。ご参加をお待ちしております。

百武正嗣氏によります、ゲシュタルト療法ワークショップ

日程;2015年10月31日・11月1日
時間;9:30〜16:30(両日とも)
定員;30名まで(お申し込み完了順)


よろしくお願い致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Heartful Counseling Joy
http://www.therapy-hcj.com
mail@therapy-hcj.com
therapy-hcj@i.softbank.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
閲覧にはFlash Playerが必要です。



パーソナル・コンストラクト理論からのHitorigoto・・・に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment