心理カウンセリング - Heartful Counseling Joy ~もっと素敵な自分に会える~
RSS フォローする ファンになる

最新記事

気づきのワークショップ
気づきのワークショップ
代理ミュンヒハウゼン症候群
思考の世界
自由〜古代メキシコシャーマンのことばから〜

カテゴリー

アダルトチルドレン
カウンセリング(セッション)
ご報告 & ご案内
セルフカウンセリング
心理学・心理療法
心理学からのヒント
日々・・・
自己実現へ
検索エンジンの供給元:

Hitorigoto

ミンデル夫妻のプロセスワークを体験して

【葛藤解決と平和の為のプロセスワークを受けて】


ゴールデンウィークの3日4日と
東京・浅草にて
アーノルド&エイミー・ミンデル夫妻の
葛藤解決と平和の為のプロセスワークを受けてきました。


私個人にとって
ここ10年の統合の体験となりました。
その体験を私なりの言葉でまとめてみたいと思います。


ワークの中では
私たちの葛藤や世界的な葛藤を


Consensus Reality(コンセンサス・リアリティー)
合意上の現実:現実の世界・社会性が発揮され、防衛なども働いているところ。

Dream-Land(ドリームランド)
夢の世界:夢・空想、白昼夢をみる状態。自分の中にある両極(葛藤)の対話が可能となるレベル。

Essence(エッセンス)
容易に言葉にしにくい状態。
時空なども越える、感謝や愛、絆、普遍性、叡智、無、自然、宇宙などを感じ・繋がるレベル。

という三つのプロセスで
頭だけでなく身体で感じる体験が鏤められていました。


私の簡単な言葉で表現すると
ある葛藤に対して

CR;① 気づき
DR;② それを十分に経験し
E;③ 自分自身の身体の声や場からなどのインスピレーションを得る

と言った印象です。


ドリームランドの段階では
ゲシュタルト療法のエンプティ・チェアーやシャトル技法を
意識レベルとさらに深い感覚レベルで体験することをすすめ


エッセンスの段階では
ヒプノセラピーなどで良く言われるところの
変性意識状態で高次の次元からのメッセージをもらうイメージです。


特に面白かったのは


ミンデル自身が、物理学を学んだ後、ユング研究所で分析心理学を学び、身体の体験、特に身体症状が夢に反映されるという点に魅了され、独自の研究を始めたことからに所以されていると思うのですが


Dance(ダンス)です。


とても前衛的かつ普遍的なダンスです。
風に木が揺れるように
その場の感じで自由に身体を動かす
ナチュラルなダンスです。


まるで
地球が自分を動かし
周りの空間が「私たちを夢見ている様に」
もしくは
自分が地球や自然の一部として動く(様な)ダンスです。


それは


私たちの手や身体が動くと同時に
実は、その分だけ世界も動いているという
物理学的・タオ(Tao;道)的な体験です。


私の課題を
グループで取り上げてもらった体験でも
この Dance から多くのメッセージを
私自身だけでなく
グループの人たちも感じていた様でした。


私が取り上げたワールドワーク(世界的な葛藤問題)は
戦争や貧困、虐待、経済的な理由などが要因で
両親を失った子どもたちの成長をサポートする課題です。


日本でも
児童養護施設で育った子どもたちは
基本的に18歳になると施設を出て
独立する必要があります。
その独立には、様々な困難が伴います。

日本だけでなく、世界でも
両親を失った子どもたちは
両親を失う体験から生き延びるだけでなく

その後の

教育・独立・恋愛・就職・人生などで
多くの困難に遭遇します。


その過程で
お酒、ギャンブル、麻薬、宗教、売春、依存、暴力、テロ、戦争など
過酷な体験を経ることもあります。


もちろん
両親のいない子どものすべてが
その様な体験をするわけではありません。
両親が揃っていていても
様々な問題が起こります。


そして
親が傍にいようがいまいが
どんな体験をしようがしまいが
自らの手で、自らの人生をつかむ人も多くいます。


しかし

両親が傍にいない体験の中で
人に対する不信、自分に対する不信が強く根付いてしまうと
例え、普通の生活をしていても
社会や人間関係が生きづらいものになるリスクは高まります。


この問題に対して
私が出来ること、私たちが出来ることは何なのでしょうか?


それを、ワークで取り扱いました。
その一部をあげると


ワークでは対局に存在する「両親がいないと感じている子(u)」と「抽象的で一般的な社会全体(x)」との対話から始まり、最後には、「エッセンス・レベル」でのダンスの中で、すべてが同じ輪の中にいました。


「孤独」で「壁」があった互いの存在が
同じ人間として「そこにある」ことを実感しました。


この体験のまとめの最後に
ミンデル(アーニー)の言葉を・・・


「一つの平和や解決法は続かない。
しかし、私たちは、人や何らかの関わりの中から、
平和や解決について学び続けることは出来る。」


この機会に、出会いに感謝します。


【ご注意】この記述は、すべて個人的な意見と解釈に基づいております。プロセスワークについて詳しくお知りになりたい方は下記サイトをご参照下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【HCJからのご案内】

7月9日 1DAY リプロセス・リトリートワークショップ
7月10日 1 DAY はじめてのゲシュタルト療法ワークショップ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Heartful Counseling Joy
http://www.therapy-hcj.com/
mail@therapy-hcj.com


ミンデル夫妻のプロセスワークを体験してに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment